ニュース

GNRC第5回フォーラム プレスリリース

 

―世界の主要な宗教及びスピリチュアルな伝統の指導者が子どもに対する暴力をなくすための新たな共同の取り組みを表明―

 

70ヵ国より519名の宗教指導者が、政府、国連、国際組織及び草の根の組織の代表とともに、子どもに対する暴力をなくすために、これまで以上の努力と協力を行っていくことを厳粛に誓いました。宗教指導者は、2017年5月9日から11日まで、「子どものための宗教者ネットワーク(GNRC)」第5回フォーラムのために、パナマ共和国パナマシティに集い、普遍的な「子どもを危害から守る道徳的責務」を再確認しました。

フォーラムの成果は「子どもに対する暴力をなくすことについてのパナマ宣言」に総括され、フォーラムの終わりに全参加者により熱意をもって採択されました。

 

フアン・カルロス・ヴァレラ・パナマ大統領閣下は、フォーラムの開会を主宰し、国際社会と人類の家族全員が世界の子どもたちの窮状に緊急に対応するよう呼びかけました。講演者は、ユニセフ事務局長アンソニー・レイク氏、国連事務総長特別代表・子どもに対する暴力担当マルタ・サントス・パイス女史、子どもに対する暴力をなくすグローバル・パートナーシップ事務局長スーザン・ビッセル博士、ヨルダン・ハシェミット王国エル・ハッサン・ビン・タラル王子殿下、教皇庁諸宗教対話評議会議長ジャン・ルイ・トーラン枢機卿、世界教会協議会総幹事オラフ・フィクセ・トヴェイト師、世界教会協議会中央委員会議長アグネス・アブオム博士を含め一様に、世界中の10億人の子どもが身体的、精神的暴力あるいは性的暴力に引き続き耐えていくことは、許されることではないと断言しました。

参加した指導者は、ありがとうインターナショナル総裁及びGNRC 招集者である宮本惠司師に感謝の意を表し、世界において暴力行為により5 分に1 人の割合で子どもが殺されている状況をなくすために更なる支援を呼びかけました。宮本師は、GNRC 第5 回フォーラムの参加者を歓迎し、宗教指導者、スピリチュアルな伝統の指導者、政府、国際組織、多国間組織が共同して取り組めば、子どもに対する暴力をなくすことは可能であると断言しました。

宗教指導者は、子どもに対する暴力の原因は、貧困や社会的疎外といった文化的、政治的、家族的、社会経済的な根深い要因を含む、複雑かつ多様であることに言及し、今日のこれまでにない子どもに対する暴力をなくすために、「宗教及びスピリチュアルなコミュニティ、国連機関、国際組織、多国間組織、政府、市民社会、民間セクター、メディアとの間、そして何よりもこれが重要ですが、子どもたちとの間における並外れた規模の緊急な協力」を行うよう呼びかけました。

また、宗教指導者と国際組織の代表は、「子どもたちへの虐待、搾取、人身売買、あらゆる形態の暴力、拷問をなくす、持続可能な開発目標の目標16.2、女性と少女に対する暴力をなくす目標5.2 及び5.3、子どもたちに関わる経済搾取をなくす目標8.7 を含む、子どもに対する暴力に取り組むための国際的に合意された戦略及びメカニズムを活動に取り入れる」ことを明言しました。

ロレーナ・カスティージョ・ガルシア・デ・ヴァレラ・パナマ大統領夫人もこのGNRC第5 回フォーラムに出席され、参加した宗教指導者に対し、宗教の違いを脇に置いて、暴力をなくすために出来るすべてのこと行うよう要請しました。

GNRC フォーラムは、ありがとうインターナショナルにより5 年毎に開催され、地球規模で子どもに影響を及ぼす諸問題に取り組み、人々を一つにして平和な世界を築くことを目指しています。