ハンス・ウコ師(博士)が、最近の倫理教育に関する国際セミナーおよび子どものための祈りと行動の日(DPAC)評議会において、ありがとうインターナショナルとその4つの取組みについて、改めて見解を示しました。